Bridal message

名古屋・一宮・岐阜の婚活 結婚相談所ブライダルメッセージ

Bridal message

ホームBridal messageブログ ≫ 独身男の憂い? ≫

Bridal message ブログ

独身男の憂い?

0000549096.png

おはようございますニコニコ

結婚相談所Bridal message

代表パートナーカウンセラーの舛田ですニコニコ

 

久しぶりに今日は雨模様になるみたいですね雨

皆さんGWはいかがお過ごしですか?ウインク

僕はGW中に、また一つ歳をとります真顔

♪ハッピバースデー真顔

・・・・・・真顔




 

先日、結婚をしたくないという男性と

「結婚することのデメリット」の話になりました。

 

お付き合いが始まってから、結婚生活に至るまでのプロセス、

また結婚生活が始まってからの自由度・・・・

 

結婚前は、やれ指輪がどうだ披露宴がなんだと、

二人で決めていくことはたくさんあります。

また結婚後は、一人暮らしのような自由さもなくなります。

 

 

男:「披露宴をやるのが大変そう。とてもじゃないけどやりたいと思えない」

 

舛:「ほんなら披露宴はやりたくないって子と結婚すればいいがね真顔

 

 

男:「結婚したら小遣い制にされるのが嫌で」

 

舛:「ほんなら専業主婦希望の女性は選ばず、共働きしてくれる女性を選ぶだわ。

   別財布の可能性は上がるわな真顔

 

 

男:「結婚したら自分の時間が好きに使えなくなるし」

 

舛:「ほんなら共働きで、お互いの休みを別々に取れば解決するがね真顔

 

男:「・・・・・・」

 

なんだかんだ言いながら、結婚した夫婦がそんなことではあかんのでは?

と思っているようでしたニコニコ

 

彼は、小遣い制で不幸そうな友達を見て、自分はああはなりたくないと真顔

その友達の奥様は専業主婦。

 

稼ぎのある旦那であれば、小遣いの額も上がると思います。

自分の稼ぎが悪いなら、頑張って稼ぎを上げるか

共働きで稼ぎの良い女性をゲットするか。

そのお友達に言って差し上げたいところです真顔

 

彼の言う結婚のデメリットを、あらゆる角度から反論してつぶしてみましたが

「結婚したくない」という意思は強固のようで。

 

「孤独死でも全然平気」という彼に
「孤独死してから言え真顔」と一言。

 

そして孤独死したその死体、誰が処理するの?
という話にもなりますキョロキョロ

 

自分の死体を自分で処理することはできません。

誰かがそれをやらなければいけません。

 

近頃、50代の男性が「孤独死」したという話をちらほら耳にします。

 

独身を貫くなら貫くで、自分亡き後のことを

誰かに託して、周りに迷惑をかけないようにしておくことも

独身者の責務だと思います。
 

でも願わくば生涯の伴侶を見つけ
健康で長生きする人生を送っていただきたいと思います真顔

日本の健康寿命を上げましょうおねがい

 

ロゴ

Bridal message

0586-43-3074

[一宮オフィス]
愛知県一宮市八幡3-7-14

[名古屋オフィス]
愛知県名古屋市中区
丸の内3-5-28

営業時間
11:00〜20:00
定休日
火・水
(個別相談に応じます)

サロンの概要はこちらから

モバイルサイト

Bridal messageスマホサイトQRコード

Bridal messageモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!